アプリビジネスのデメリット

 

アプリビジネスマスター塾(アプリ塾)

アプリビジネスをおこなってゆく際のデメリットって

どんなことが有るのでしょうか?

 

実際にはアプリビジネスに大きなデメリットはありませんが、

アプリビジネスと言う言葉に感じるデメリットは有るようです。

 

 

アプリビジネスのイメージ

 

アプリビジネスアプリビジネスマスター塾(アプリ塾)と聞くと

多くの人はこうイメージするようです。

● パソコン専門家がやっている

● 素人では非常に難しい

● 高性能パソコンが必要

● iPhoneとandroidスマホが必要

● アプリ内課金で儲けるのか

● 初心者には無理な世界

● Windowsパソコンでは無理なのか

 

私も始めて聞いた時には同じような事を

感じましたし、出来るとは思いませんでした。

 

悩む

 

 

実際には

 

実はこれらのイメージの全て間違っています。

 

私はサイトアフィリエイトをおこなっていますが、

LANの構築すら未だに出来ませんし、

プログラムなんて全く分かりません。

 

アプリ作成に高性能パソコンなんて使っていません。

アプリを作った私のパソコンはノートパソコンで

CPU i3

メモリー 4GB

OS Windows8.1⇒10へ移行済み

定価5万円程度のHP(ヒューレットパッカード)製の

安いタイプのパソコンです。

 

作るアプリは全部無料アプリです。

もちろんアプリ内課金はありません。

 

スマホはiPhone6Plusです。

5か月経過後に友人の機種交換の際に

古いandroidのスマホを譲り受けました。

 

これが現実で、その証拠に私がリリースした無料アプリは、

android、iPhoneアプリで合計100個以上あります。

証拠としてアプリをご覧ください。

 

androidアプリ

⇒ http://url.hisakun01.com/0/appall

iPhoneアプリ

⇒ http://url.hisakun01.com/0/applemein

 

 

他にはデメリットとは言えませんが、

iPhoneはアップル社に、androidはGoogle社に

開発者(デベロッパーと言います)としての

登録が必要で、その際に少し費用が必要です。

 

当然ですが、稼ぐ為には少し投資は必要ですが

両方で1万数千円あれば大丈夫です。

 

 

あとはあなたの作業と言う労力と、

その為の時間が必要になります。

 

ただしネットビジネスでは時給計算で報酬は発生しませんし、

逆に考えられないほどの簡単アプリがたった1日で数万円を

生み出す事も十分可能なのです。

 

先に示した私のアプリに中には

たった1時間で作ったアプリがいくつか有り、

今も毎日報酬を生んでくれています。

 

クラシックアプリ成果

証拠画像

 

たった一つの1時間で作った無料アプリを放置状態で

iPhoneアプリだけで16000円を生んでいます。

 

例えばこれが100個なら16000円×100個で

160万円ですし、制作に100時間かかっていたとして

時給16000円です。

 

しかもこれからも放置状態で稼ぎ続けてくれます。

 

 

現実的にデメリットと感じたものはありませんし、

最大のデメリットはやはり労力と時間ですが、

放置状態でお金を稼いでくれるのであれば

デメリットとも言えないと思います。

 

tokutenannai

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アプリビジネスのデメリット:関連ページ

保護中: アプリビジネスマスター塾にも欠点は有る
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。